薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

薬歴を書く時間がない薬剤師にアドバイス






毎日慌ただしく、患者さんへの投薬が優先になって薬歴を書く時間がなかなかとれない。

結局残業して薬歴を書いている。

そんな薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

薬歴は患者さんの薬の記録を残すものでもあり、患者さんと薬剤師の信頼関係の記録でもあります。

薬歴をうまく活用するためにもしっかりと記入をする時間を確保したいところですよね。

薬歴を書く時間をつくる方法のひとつとしてスキマ時間の活用をおすすめします。

どうしても後でまとめて書こうとしてしまいがちですが、スキマ時間を利用して手が空いた時に少しづつでも書いていくようにしてみましょう。

描き終わったらメモなどをして記入済みとわかるようにしておきます。

このようにちょっとした工夫をすることで薬歴をスムーズに書くことができます。

また、よく聞く項目については自分なりにメモのパターンを決めておくことも便利です。

数字の羅列であっても、順番を決めておくことでBP、BSなどと書かなくてもわかるようになります。

患者さんをお呼びする前に過去の薬歴を読んで何を聞いて何を伝えるかを準備しておきましょう。

事前に確認事項をメモしておくことで聞いた答えをその場で直接書き込むことができ時間の短縮になります。

また質問の仕方も工夫することも大切です。

「調子はどうですか?」だけではなく、「新しく飲み始めたお薬で具合が悪くなったりはないですか?」など具体的に聞くことで「はい」「いいえ」で答えることができ簡潔に薬歴を書くことができます。

薬剤師の給料や年収をあげる方法

 

薬剤師はメモをすることを癖にしよう

また薬歴には患者さんの言ったことをそのまま文章にするのではなく、ある程度要約してメモを取りましょう。

例えば「膝痛マシ、散歩、楽しい」とメモしておけば膝痛がマシになり散歩ができるようになって楽しい、ということがわかります。

他にも副作用の場合はSEと書くようにするなど略字を使いこなすことも大切です。

電子薬歴の場合は「s」と入力すると「SE」と出てくるように記録させておくなど効率化することで薬歴にかける時間を短くすることができます。

またメモを取るときは付箋などは無くす可能性がありますので処方箋の余白や裏にメモをすることで無くすこともなくどの患者さんのメモかを間違えるようなこともなくなるのでおすすめです。

薬剤師転職サイトまとめ



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!