薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

処方薬で副作用が出たとクレームを受けた場合の対処法






薬剤師は患者さんから「副作用が出た」とクレームを受けることもあると思います。

投薬したのが別の薬剤師であったり、その副作用の症状がその処方薬のせいではないと思うこともあるでしょう。

そんなとき、薬剤師はどのように対処すればいいのでしょうか。

まず、副作用が起こった場合は患者さんは病院に連絡するケースがほとんどです。

もとから薬の副作用について事前説明がありその薬の副作用であることがわかれば話は早いのですが、新しく出た症状を薬の副作用なのかどうか判断できないときは必ず医師に確認、相談をするようにしましょう。

直接薬局にクレームを言いにくる患者さんは稀ですが、投薬時に説明不足だったり何かしら不信感を抱いていたから薬局にきたのかもしれません。

どんな理由であったとしても副作用の対処が優先事項です。

まずは症状をしっかりと聞いて緊急の場合は素早く医師に連絡をして受診を促すようにしましょう。

副作用といっても軽度のものから重度のものまでありますので落ちついて対応することを忘れないようにしましょう。

軽度の場合、その時にはその症状が落ち着いている可能性もあります。

その場合は服用した薬、状況、用法用量、併用薬やアルコール摂取の有無など相互作用の可能性もあるので確認をしましょう。

それらを聞いて今後の対応について検討してください。

処方薬と副作用の関連性が低い場合でもその場で断言してはいけません。

それらを判断するのは薬剤師の仕事ではなく医師の仕事です。

薬剤師としての見解を伝え医師に情報提供するようにしましょう。

薬剤師の人間関係について

 

薬剤師は患者さんからの不信感をなくす努力を

副作用の有無に関わらず担当した薬剤師があなたでなくとも説明不足などがあった場合は謝罪するべきです。

副作用が出てしまったのであればなおさらです。

患者さんの副作用の軽度重度に関わらず、また投薬した薬剤師でなかったとしても同じスタッフの代表としてしっかり謝罪をすることは当然です。

状況などによっては上司と共にお詫びに伺う必要があるかもしれません。

副作用に関しては医師の判断によるものなので薬剤師だけに原因があるとは限りません。

だからといって「投薬に間違いはない」「薬剤師は悪くない」と決めつけて対応するのはプロとしては失格でしょう。

薬剤師の仕事は、薬を正しく服用してもらい患者さんを健康に導くことです。

薬剤師に非がある、なしに関わらず、患者さんが辛い思いをした事実は変わりません。

プロの薬剤師としてしっかりと患者さんの気持ちに寄り添うようにしましょう。

薬剤師に非がない場合であっても薬剤師としてできることはあります。

服用方法を正しく伝えたり、おくすり手帳の活用方法を教えたりなどアドバイスできることはたくさんあるはずです。

このようなトラブルがあった時こそ対応は大切で、その対応によってあなたの信頼が生まれるのです。

患者さんに不信感を持たれたままにしないように努力をする必要があります。

薬歴を書く時間がとれない



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!