薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

会話が苦手な薬剤師の対応方法






患者さんから質問され、わからないことがあったときに調べる間の会話がうまくいかない。

先輩は世間話などをしながら場を和ませるのが上手なのに自分は無言になってしまう。

このようなことで悩みを持つ薬剤師さんがいるようですが、患者さんにとって一番大切なのは自分の質問に早く的確に答えて欲しいということです。

決して世間話をしたいわけではありません。

結論からいえば、無理に世間話をする必要はありません。

調べ物をしながら雑談をすることができれば確かに間は持ちますが、それによって調べることに時間が余計にかかったり集中できず目的の答えがなかなかみつからなのであれば本末転倒です。

パソコンを操作しながら、あるいは資料を目で追いながら雑談もできる器用な人もいるかもしれませんが、この場合の薬剤師としての務めは無理に会話をすることではなく、患者さんの質問に適切に回答することのはずです。

だとすれば、黙々と集中して調べ物をする姿は、世間話をして間を持たせるよりずっと信頼が置けるとおもいます。

接遇とは心を込めて対応することです。

雑談でリラックスしてもらうのもおもてなしに違いありませんが、患者さんの疑問や悩みに寄り添い、質問に答えて役立つ情報を提供するために努力することも患者さんへのおもてなしのはずです。

薬剤師の転職なら

 

薬剤師が集中して調べる環境をつくる

調べている最中に無言になって沈黙がいたたまれないと感じるのであれば「お調べしますので、おかけになってお待ちください」と患者さんに声をかけ集中して調べる環境を自分からつくってしまうのもひとつの方法です。

患者さんと距離をおいて、調べ物に集中することで、短時間で答えが見つかるのであれば、その方が作業効率も高まりますし、何より患者さんのためにもなります。

人によって受け取り方はさまざまですが、一生懸命集中して調べる姿を好印象ととらえてくれる人も少なからずいるはずです。

ちなみに薬剤師にとって「調べる」ことも重要なスキルです。

日々新しい情報が入ってくる中で、薬や医療に関する全ての情報を完璧に暗記しておくことはほぼ不可能です。

そのような状況の中で、いかに素早く、目的の情報にたどり着けるか。

どこを調べれば求める情報が素早く手に入るのかを瞬時に判断できれば、調べる時間も患者さんをお待たせする時間も大幅に短縮できます。

調べものをしている時間は、患者さんの貴重な時間の一部という意識を常に持ち、少しでも早く情報を提供できるよう尽力する。

「調べているこの間をどうやって持たせよう」とあれこれ悩むより、よほど患者さんに喜んでいただけると思います。

薬剤師が給料や年収を上げる方法



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!