薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

ジェネリック医薬品の上手な説明方法について






患者さんに後発医薬品(ジェネリック医薬品)をどのように説明したらいいかわからない。

「安くなります」と伝えているのですが患者さんからは「あまり安くない」と指摘されてしまった。

そんな経験のある薬剤師もいると思います。

ジェネリック医薬品に関しては、国が医療費削減の一環として使用推進の周知徹底を進めており、一般の人にもだいぶ浸透してきたように感じでます。

テレビCMなどの影響もあり「ジェネリック医薬品」という言葉も知れ渡ってきました。

先発品と治療上同等とされる後発医薬品ですが、価格はもちろん味も剤型も異なります。

人によっては体質に合う、合わないなどの副作用の問題もありますので、一概に「同じ効能効果」とも言い切れません。

違いを説明する際に「薬代が安くなる」という点を強調するだけでは患者さんの指摘通りそれほど大きな差もない場合もあり、説明力が弱くなります。

先発品とジェネリック医薬品、それぞれの薬のメリット、デメリットを一般の人にもわかりやすく説明し、最終的にどの薬を選ぶか、患者さんが選択する際の目安になるような情報提供が求められます。

おすすめ薬剤師転職サイトランキング

 

患者さんの状態を確認しよう

患者さんに説明する薬はジェネリック医薬品だけではないので、すべての薬剤情報を把握し、なおかつ難しい専門用語を使わずに、わかりやすく薬の説明をするのは本当に大変だと思います。

人手が足りなかったり、混雑する時間帯などでは説明にゆっくり時間を割けない場合もあるでしょう。

それでも可能な限り患者さんの状況をヒアリングし、現在の病状や過去の経緯、仕事、食事などの生活習慣等を把握します。

その上で、適応など個々の患者さんの状況に会うジェネリック医薬品があるか確認し、薬ごとのメリットとデメリット、価格などを比較検証材料として提示します。

自分がもし患者さんのたちばだったら、自分の家族にすすめるとしたら、どの薬を選ぶかというような例え話をしながら説明すると、患者さんも安心して聞いてくれるでしょう。

どの薬を使うかを決めるのは患者さんですが、患者さんは薬剤師が提供する情報を頼りに選択するわけですから責任重大です。

過去に副作用を経験したことがある患者さんであれば、なおのこと丁寧に説明し、患者さんの質問にも親身になって答えたいところです。

ジェネリック医薬品の取り扱いについては薬局ごとにかなりの差があります。

裏を返せば他の薬局との差別化につながりやすいポイントでもあります。

周知されてきたとはいえ、今でも後発品とジェネリック医薬品を別のものと思っている患者さんもいます。

患者さんが心の底から安心し納得するまで、根気強く説明する姿勢を持って欲しいです。

薬剤師転職サイト人気ランキング



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!