薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

かかりつけ薬剤師の同意書をもらう方法について






「かかりつけ薬剤師指導料」が新設され、務める薬局でも患者さんから同意書にサインをいただけるようはたらきかけるようになった薬局も多いと思います。

2016年4月にかかりつけ薬剤師制度が実施され、同意書の取得については各薬局ごとに取り組み方に差が生じているようです。

すでに常連の患者さんへの声かけは終わっている薬局もあるでしょうから、ここでは新規の患者さんへのアプローチという点について説明します。

ここで大切なのは、患者さんに「信頼できそうな薬剤師」だと思ってもらうことです。

そして薬剤師の方から「あなたのかかりつけ薬剤師になりたい」という意思表示をすることの2点です。

たとえその場でサインがもらえなくても、次につないでいくコミュニケーションを心がけましょう。

かかりつけ薬剤師になるためには、大前提として患者さんとの信頼関係を築く必要があります。

信頼関係は会っていきなり築けるものではありませんから新規の患者さんに対しては初対面の短い時間でも安心感や話しやすさを感じていただけるように丁寧な対応を心がけましょう。

まずは他に飲んでいる薬はないか、体のことで困っていることはないかなどをヒアリングし、丁寧にコミュニケーションをはかることからはじめます。

そのうえで「かかりつけ薬剤師という制度をご存知ですか?」と切り出します。

以前営業職の人から「営業は種まきが大切」と聞いたことがあります。

同意書にサインをしてもらうのは薬剤師にとって慣れないことであり、不本意に感じて戸惑っているかもしれません。

でも、患者さんから信頼を得る家庭ととらえ、焦らずコツコツ種をまき続けましょう。

患者さんが次回以降、来局されるたびに笑顔で気持ちよく対応できれば「かかつけ薬剤師を選ぶならあの人にしよう」と思ってもらえるでしょう。

そのためにも、回り道と感じるかもしれませんが、まずは日頃のふるまいや声かけ、服薬指導をひとつずつ見直し、患者さんが安心と信頼を感じてくださるよう努力を続けましょう。

薬剤師ナビの口コミ評判について

 

かかりつけ薬剤師として熱意を表す

かかりつけ薬剤師になるということは薬はもちろん、その人の健康に関するすべての責任を負うくらいの覚悟が必要です。

これまで他の薬局で処方されていた薬をすべて一括で管理するだけでなく、OTC薬やサプリメント、食事、生活習慣などについてもアドバイスを行い、場合によっては金時間外の対応が必要になることもあるでしょう。

従来からやってきたことそのものと言えばそれまでですが、今回の制度で薬剤師の本気度が試されているようにも思います。

あなたのかかりつけ薬剤師になりたい、という気持ちで真剣に患者さんと向き合えば、その熱意は自然と患者さんにも伝わります。

制度の意味も考えずに気軽にサインしてくださる方もいるかもしれませんあ、患者さんとしても薬代とは別に指導料を支払うわけですから「この人なら安心してずっと世話になれる」と思う人をかかりつけ薬剤師に選びたいのが本音のはず。

普段の挨拶や声かけ、服薬指導でしっかりと関係を意識し、患者さんの記憶に残る対応を心がけましょう。

薬剤師の求人、転職サイトの選び方



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!