薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

待ち時間が長引いた時の薬剤師の対応について






薬局に勤めている薬剤師が少ない場合、時間帯によって患者さんをお待たせすることがあります。

中には「いつも時間がかかるね」と不満を言われることも。

そのような経験をした薬剤師も少なくないと思います。

待ち時間の問題は病院や薬局にとって永遠の課題と言えるでしょう。

どんなに急いで作業をしても込んでくれば必ず待ち時間は生じます。

医療者側も好きこのんで待ち時間をつくっているわけではないので愚痴や嫌味を言われたら「こんなに急いでいるのに」「混んでるんだから仕方ない」と思ってしまいがちです。

しかしこれはNGです。

患者さんを待たせていることは事実ですから「お待たせして申し訳ない」という気持ちで接するのがマナーです。

特に自分自身も忙しい思いをして大変だと感じているところに患者さんから「早くして」と急かされると「私だってがんばってるのに」という苛立ちが表情や態度に出てしまうこともあるので十分に気をつけましょう。

待ち時間対策のポイントはできるだけ患者さんに不快な思いをさせないようにすること。

不満が出てから対処するのではなく。患者さんが不満に感じる前にそのような気持ちにさせないように工夫しましょう。

例えば待ち時間がどれくらいかかるかわからないままただ待たされる状況では、人は不安を覚え不満やイライラ、ときには怒りを募らせます。

そこで待ち時間が長くかかりそうだとわかる時はあらかじめ伝えておくとイライラ防止に効果的です。

この時「○分ほど時間をいただきます」と時間を伝えるだけでなく「○分くらいかかってしまいますがお待ちいただけますか?」というように質問やお願いする形で伝えるとより一層効果があります。

質問や提案に対して患者さんに角煮をして返事をするということは、待つかどうかを患者さんが選択したことになります。

人は選択できる立場、つまり優位に立つことで不満が生じにくくなるのです。

またあらかじめ「○分くらいかかる」とわかれば、その間に買い物や用事を済ませるなど、自分で時間の使い方を考えることができます。

自宅や職場が近いのであれば、一旦自宅や職場に戻ってからあとで受け取りに来るという選択肢も出てきます。

待ち時間の有効利用について考えることは患者さんへの思いやりのあらわしの一つだと思います。

薬剤師ナビの口コミ評判について

 

薬剤師のクレーム対応について

患者さんからクレームを受けると動揺してしまって「申し訳ございません」だけを繰り返してしまうことがあります。

患者さんにしてみればただ謝られるだけでは気持ちが収まりません。

何に対して謝罪しているのか、これからどうなるのかをはっきりわかるようにしなければ、帰って二次クレームにつながりかねません。

日頃から「できるまでお待たせしなように努力していますが、お急ぎの際はあらかじめお声がけください」「処方箋は4日間有効です。○曜日のこの時間は毎週混むのですが○曜日は比較的空いていますのでご利用ください」など待ち時間対策についての将来的な提案ができれば改善しようとしてくれているという意思を伝えることができます。

薬剤師の求人、転職サイトの選び方



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!