薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

病気のことを話してくれない患者への対応






処方箋と患者さんの話す症状に食い違いがあるように感じたのでもう少し詳しく話を聞こうとすると「症状のことは医師に話した」と言われてしまった。

そんな経験はありませんか。

患者さんにとって薬局は薬をもらうところ。

お医者さんには病気を治してもらうために具体的な症状を詳しく話すけれど、薬剤師は薬の説明だけしてくれればいいと思っている患者さんは少なくないと思います。

医者でもないのに、薬を見ればなんの病気かわかるはずだ、と思っている可能性もあります。

つまり患者さんからしてみれば薬剤師が病気のことを聞く理由がわからないのです。

まずは患者さんの理解を促すことからはじめましょう。

最初に「病気のことは先生にお話になったのですね」と患者さんの話を肯定してから「実は処方箋のないように気になる点があるのです。お薬を正しく飲んでいただくために念を入れて確認したいのでもう少しお話を聞かせていただけませんか」と丁寧にお願いしましょう。

ここで大切なポイントは2つあります。

1つめは処方箋に間違いがあると感じさせないことです。

この薬剤師さんはあの先生のことを悪く思っている、などと余計な詮索をされないように言葉を慎重に選びましょう。

2つめはお願いのスタンスで臨むこと。

お話を聞かせてください、というのは実は命令形なので聞く人によっては失礼に感じます。

お話を聞かせていただけませんか、とお願いする形にすると相手の意向を伺う姿勢が伝わります。

患者さんが構えているようだったら、お話を聞かせていただけないでしょうか、と否定形のお願いにすれば丁寧な言い方になります。

薬剤師は医師と違う立場で安心して薬を飲んでもらう、万が一の事故を防ぐという役割を担っていることを患者さんに分かりやすく説明しましょう。

医師の人であり、病院でもちょっとしたミスが出ることもあるので患者さんに間違った薬が渡ってしまうのを防ぐ最後の砦として、気になったことを確認させて欲しいと自分の言葉で伝えられるようになりたいですね。

患者さんも自分のためとわかれば極端に不快感と感じることはないはずです。

薬剤師の転職なら

 

信頼してもらえる薬剤師になろう

もしかしたら「患者さんが話してくれない」のではなくて「話したくても話せるような雰囲気ではない」のかもしれません。

そこで普段から「相談しやすい雰囲気をつくる」ということを意識して欲しいと思います。

薬剤師から薬をもらうだけでいいと思っている患者さんでも他の人があれこれ相談している様子をみればなんとなく自分も何か聞いてみようかな?と思うもの。

薬剤師と話せば何か役に立つ情報が得られると思ってもらえればしめたものです。

「急いでいるから」という理由で話をするのを嫌がる患者さんもいます。

そんな時は「お急ぎなんですね、では手早く済ませますね」と共感を示して要望に答え、信頼関係作りからはじめましょう。

薬剤師が給料や年収を上げる方法

 



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!