薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

薬剤師が医師へ処方提案をする方法






最近はチーム医療の一環として以前より患者さんに関わる薬剤師も増えてきたと思います。

医師に処方提案を行う機会も増えたと思いますが、医師とのコミュニケーションに悩む薬剤師も多いようです。

医師は実際に目も回るような忙しさで声をかけるのも気が引けつろ思います、。

しかし厚生労働省の調査によれば8割もの医師が病棟薬剤師の配置を評価しています。

そうとわかれば自信を持ってアプローチできますね。

アプローチも医師の姿を見つけたらいつでもどこでも、というのではさすがに迷惑をかけてしまうかもしれません。

信頼関係を築きたいと思うのであれば、最初が肝心です。

まずは医師の手が比較的あいていそうな時間などを調べましょう。

忙しくて医師がなかなかつかまらないということであれば、病棟や外来の看護師やクラークに医師のスケジュールを尋ねてみてもいいと思います。

暇な時間はほとんどないと思いますが、それでも一息つくタイミングはあるはず。

様子がわかればあらかじめアポイントをとってもいいでしょう。

忙しい中、時間をとってもルアことへの気遣いを見せることで医師に受け入れてもらえる可能性があります。

処方提案wおスムーズに進めるためにはある程度心を開いて話ができるような状況になっているのが理想です。

前もって時間に余裕がある場合は、その医師の専門分野について質問をして教えをこい、何度か質問を繰り返しているうちに「熱心な薬剤師だな」と印象に残るはず。

そのタイミングで提案を切り出せば医師も聞く耳をもってくれるでしょう。

初対面の医師の場合も、自己紹介などでその場の空気が温まってから提案するのがポイント。

共通雨天を見つけて話題にすれば「話しやすい」「気が合いそう」といった印象を与えることができます。

これは同調効果とも言われるミラーリング効果によるものです。

院内部活動や出身地の話題など共通点を探して短時間でも人となりが伝わるような会話を意識しましょう。

薬剤師の転職なら

 

医師はプライドが高い、そこを利用する

医師にも色々なタイプの人がいますから、プライドが高い医師も中にはいるでしょう。

だからといって提案しても受け入れてもらえないかもと思い込んでしまうのはもったいないこと。

必要以上に及び腰になってしまってはせっかくの提案も報われません。

「怖そうだな」「プライドが高そう」などと思っているとその思いは相手に伝わってしまいます。

受け入れてもらえないかもと緊張してしまう気持ちもわかりますが、前向きに気持ちを切り替えましょう。

私の経験ではプライドが高くて怖そうなイメージの医師ほど、一旦受け入れてもらうと想像以上に親しくなれるものです。

医師も人であることには変わりなく、しかも患者さんの治療のために昼夜を問わず熱心に学び勤しんでいます。

忙しいからこそ、求めている情報を的確にここぞというタイミングで提供できれば、信頼は一気に高まります。

患者さんのためを思う気持ちは医師も同じ。

最初にうちは医師に不愉快な顔をされるかもしれませんが、勝手な思い込みで壁をつくらずくじけずになんでもチャレンジしましょう。

多くの医師が薬剤師からの積極的な提案を待っているはずです。

薬剤師クラブ



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!