薬剤師の転職がブームになっている理由とは?

薬剤師さんが転職をする理由は?やっぱり1位は人間関係!






最近は薬剤師さんの転職が活発に行われるようになりました。

転職をしよう、と思ったきっかけはなんなのでしょうか。

薬剤師の仕事といってもいろいろありますよね。

例えばドラッグストアや調剤薬局など。

働く場所はいろいろありますが「仕事の悩み」というのは共通点があるものです。

薬剤師さんが転職をしようと思ったきっかけについてのアンケートで、

「転職をしようと思った理由」について答えてもらっていました。

1位 人間関係

2位 給料が安い

3位 労働環境や職場環境

このような結果になりました。

これを見て思ったのですが、やはり転職を考えるきっかけというのは、

一般的な仕事と薬剤師でもそれほど変わりがないということです。

「働く」という意味ではどこでも誰でも一緒ですからね。

そしてやはり転職のきっかけの1位が人間関係です。

仕事というのは長時間同じ場所で一緒にいる時間も長いです。

そのため、人間関係というのは働くことにおいて非常に重要なんですよね。

中にはイジメがあるようなブラック企業もあります。

他にもパワハラ、セクハラでの悩みから転職を考えたり、

部下の指導で部下との関係に悩むという人も。

 

転職はしたくない!まずはどうすればいい?

しかし人間関係というのはどこの会社にいっても、

どこの職場でも必ず人間関係はあります。

人間関係のない職場なんて本当に限られた仕事だけですから。

それにあまり安易に転職するもの考えものですよね。

いくら薬剤師が売り手市場だからといって転職を繰り返していては

あまり印象もよくありません。

人間関係などで悩んでいる場合は、まずはどうにか改善できないかを

考えてみることをお勧めします。

例えば悩みのタネになっている人物がいるとして、

その人の悪いところだけでなく、良いところもみるようにしてみましょう。

これは仕事だけでなくプライベートでも言えることですが、

相手の悪いところではなく良いところをフォーカスしてみるようにすれば、

案外悪い人ではないかもしれませんよ。

また人間関係の悩みは職場の人にしかわかりません。

なのでこのような悩みは上司に相談するようにしましょう。

ここで気をつけなければいけないのが同僚に相談することです。

そんなつもりはなくても該当の人が「悪口を言われている」と

感じてしまうかもしれません。

社会人としてそのような陰湿なことはしてはいけませんよね。

自分自身の見直しもとても重要です。

良い人間関係を構築しようと自分自身がしなければ、

良い人間関係なんてできるわけがありません。

まずは自分から態度を改めて、相手に不快な思いをさせていないか考えてみましょう。

 

改善できなかったら転職を考える

あなたなりにいろいろと改善を試みてみて、

それでも改善ができない場合は、やはり転職を考えましょう。

人間関係というのは非常にストレスになります。

あまり我慢しすぎてしまうと、あなた自身が鬱になってしまう可能性があります。

転職をするときには、同じように人間関係で悩みたくないですよね。

そんな時は、担当のエージェントの方にその職場の人間関係などを相談しましょう。

エージェントさんであれば、その職場の人間構図もなんとなくは理解されているはずです。

自分で転職活動をした場合は、そこまでみることはできませんが、

転職サービスを利用することで、自分では確認できないようなところも

事前に知ることができます。

薬剤師がお勧めしている転職サービス紹介記事はこちら



好条件高待遇の非公開求人の閲覧方法について

薬キャリは10万人以上の薬剤師が利用している全国4万件以上の好条件求人を取り扱っている薬剤師専門転職サービスです。一般公開されていない好条件高待遇の非公開求人しかありません!

この求人を閲覧できるのは無料登録をした薬剤師さんだけ

好条件高待遇の求人ばかりだから利用者満足度は「96.8%」という脅威の満足度!

無料登録すればわかる、他の薬剤師転職サイトとの違い。

あなたも今すぐ薬キャリに無料登録して非公開求人を閲覧しよう!

無料登録は超簡単!たった1分で完了します!

関連コンテンツ



薬剤師必見!口コミで人気の転職サイトについて






新着

今すぐ会社を辞める方法があります!